債務整理の中でもデメリットが小さい過払い金請求

債務整理には借金を棒引きにできる代わり、さまざまなデメリットがあります。例えば自己破産などということになると、新たなローンをしばらく組めないだけではなく、不動産などの財産を持つこともできなくなります。それは当然の話であり、借りたものを返さなくてよい、ということはそれだけ難しいことなのです。しかし、あらゆる債務整理の中でも過払い金請求だけは事情が違います。もともと違法スレスレの金利を取っていた債権者側に非がある、とする趣旨の債務整理ですから、ほぼデメリットはありません。唯一生じるのは、債権者からの信頼を失うということだけです。おかしいことに思えるかもしれませんが、債権者からすれば「あなたは高い金利を承知でお金を借りましたよね? それで助かった部分もあったのではないですか? なのに今になって違法だから返せというのはおかしくないですか?」という感覚はあります。なので、その金融機関や消費者金融からは、ブラックリスト認定とされるのが普通です。もうそこからはお金を借りることができなくなるばかりか、クレジットカードなども解約扱いとなることがほとんどです。それが過払い金請求という債務整理のデメリットです。